【第2回講義】

高単価商品を売るためのブランディング

 

 

今回の講義では、実績がゼロの初心者でも高単価の商品を売ることができる「ブランディング」についてお話をさせていただきました。

 

ブランディングとは、「お客さんと信頼関係を築く」こと。

そして、ビジネス成功において、とにかく「お客さんをファンにさせる」と言うことが最も重要です。

 

ファン化すればお客さんから高単価商品だろうが何だろうが買ってもらえますから

 

つまり、高単価商品を売るためには、どういった商品の質ももちろん大事ですが、それ以前の「関係づくり」が重要だということですね。

 

しかし、99%の初心者はこういったお客さんとの関係づくりがヘタクソです。

 

それはなぜか?

 

今回K氏がお伝えした「ブランディング」を学んでいないからですね。

 

実は僕もブランディングを学ばず、クソコンテンツをせっせと作り続け、具体的にはブログ記事を100記事書いたことがありました。

 

その時僕はいくら稼げたかと言いますと・・・

 

何と1円も稼げませんでした。泣

 

クソコンテンツを提供しまくっても、お客さんからウザがられるだけですし、ファン化できないのは当然ですよね。笑

 

つまり、それくらい「コンテンツの質」というものは収入に直結するということです。

 

逆に言えば、しっかりブランディングの極意を抑え、普段からファン化ができる“濃いコンテンツ”」をお客さんへ提供することに徹底すれば、いざ商品を売るとなった時もすんなりと買ってくれるレベルのファンになってくれると。

 

つまり、ビジネスの成功は間違いないということですね。

 

なので、ブランディングをしっかりと学びましょう。

 

そして、お客さんからファンになってもらうことに集中すれば、あなたは簡単に成功することができますから。

 

頑張っていきましょう!

 

・・・とはいえ

 

やはり年商数千万円〜億を稼げるようになるには、「ブランディング」を学んだけでは不十分です。

 

なぜなら、ブログやSNSでコンテンツを投げかけるといった「手動の集客」では非常に効率が悪いからです。

 

ビジネスのプロならまだしも、初心者が手動の集客だけで年商数千万円レベルまで行くのは、まず不可能。

 

そのために、僕ら個人起業家は集客を自動化する必要があります。

 

そんな「集客自動化」について、次回の講義でお伝えしていきたいと思います。

 

ぜひお楽しみにしていてください!