【第1回講義】個人起業家が実践すべき本当に儲かるビジネスモデル』とは?

 

 

超豪華プレゼントを無料で受け取る

 

【次回】第2回講義の視聴はコチラ

 

今回の動画の概要

 

 

【第1回講義】個人起業家が実践すべき『本当に儲かるビジネスモデル』とは?

 

 

「アクセスは集めようとするな!?少数のアクセスで爆発的な売上を上げる弱者の戦略!K氏が集客に全く重きを置いてない理由とは?

 

ブロガー、インフルエンサー、YouTuberなど、今流行りのビジネスモデルの致命的な欠点とは?

多くの人が安定して稼げないのは「間違ったビジネスモデル」を選んでしまってるから。じゃあ、本当に儲かるビジネスモデルとは?

個人起業家が今から参入しても短期間で大きく稼げるビジネスとは?

個人でビジネスをする際、必ず抑えておかなければならない「ある前提」とは?

お客さんが「高額でも買ってくれる」非常に稼ぎやすいジャンルとは?

通販や飲食店でも取り入れられている、生涯顧客単価(LTV)を最大化する方法とは?

資金力のない個人起業家が、リスクなく莫大な収益をあげるために、必ず作らなければならない「◯◯◯◯の高い仕組み」とは?

機会損失だらけ!ブロガーやYoutuberやインエンサーが犯している致命的なミスとは?

多くの人が集客数を増やそうと努力しているのに対し、K氏が全く集客に重きを置いていない理由とは?

少ない集客数で数千万~億の売上を上げられる唯一のマーケティング手法とは?

YouTubeチャンネル登録100人で年商数億月に1pv以下のサイトから毎月500万円以上の利益が出ている衝撃的な事例

お客さんの「生涯顧客単価(LTV)」を最大化する3つのステップとは?

「集客できない」という誰もが抱える悩みから完全に解放される唯一の方法とは?

 

 

 

第1回講義をご覧いただきありがとうございます!

 

個人起業家が必ず取り組むべき

儲かるビジネスモデルはいかがでしたでしょうか?

 

ブロガー(サイトアフィリエイト)や

YouTuber、インフルエンサーなどの、

 

「低単価ビジネス」いかに
「儲かるビジネスの原理原則」
からズレているか

 

よーく理解できたと思います。

 

こう言った低単価ビジネスは、

集客力に限界がある個人起業家が

絶対にやるべきではない、ということです。

 

逆にいえば、今回学んでいただいた

『フロントエンド・バックエンド型』

 

のビジネスモデルや、

『DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)』

を駆使し、

 

1人(1リスト)あたりの

顧客単価が高い仕組み

を作ることができれば、

年商1000万は余裕で達成できる

と言うことです。

 

もしあなたが現在、広告収入や

ブログやSNSなどのプラットフォームに依存した

「低単価ビジネス」を実践しているのであれば、

キッパリとやめ、

 

独自の高単価商品を販売する

ビジネスモデルを構築することに

集中していきましょう。

 

ただ、ここで多くの人がぶつかるのが、

 

「自分なんかに高単価で売れる

商品なんて作れるの?」

 

といった壁です。

 

実は僕も最初は、一体どんな商品を

作っていいかわからなかったですし、

いざ商品を作った後も、

自分の商品を高額で売ることに

非常に抵抗がありました。

 

しかし、K氏から”ビジネスの本質”を学んだことによって、

 

「なんだ、別に高単価商品なんて

簡単に作れるんだ」

 

「自分でも高額商品を販売しても良いんだ」

 

と思えるようになれたんですね

 

そこで、次回の動画講義では、

 

「高単価でバンバン売れる

ヒット商品を作るための
ブランディング戦略」

 

についてお送りする予定です。

 

ぜひ楽しみにしていてください。

 

超豪華プレゼントを無料で受け取る

 

【次回】第2回講義の視聴はコチラ

 

追伸

【7日間限定公開】